眼鏡もコンタクトもいらないレーシックガイド

眼鏡もコンタクトもいらないレーシックガイド

当サイト【眼鏡もコンタクトもいらないレーシックガイド】のお役立ちレーシック情報はこれからレーシックをご利用される人必見です。
まずは当サイトサイドメニューをご熟読してみてください。メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。

 

近いうちにレーシックを受けようと思っているのでしたら、大切なことはレーシックに関する知識を勉強するということです。
「メリット」「リスク」「術後の生活」などなど細かなところまでしっかりと事前に把握をしておくようにしましょう。
誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。




眼鏡もコンタクトもいらないレーシックガイドブログ:21年04月16日
私は、5年ほど前に階段から落ちて頭を強く打った。
医者から外傷性くも膜下出血と診断され、長期間の入院と通院が続いた。

もう一度、大好きなマラソンができるのか、
気持ちがブルーになりすべてがマイナス思考になってしまった。

兄は、私の顔を見て
「顔つきが変わった」と言う。

確かに入院中は、
いつも怒った表情で眉間にシワを寄せ、
口から出る言葉は愚痴と泣き言、そして昔の苦労話ばかりだった。

病気は、身体の健康だけでなく
心の健康、外見までも変えてしまう。

それでも
兄は笑顔で「無理しないでね、ゆっくり治してね」と
いつもリハビリに付き合ってくれた。
そしてまたマラソンができるまでに回復した。

それは、連日兄が笑顔で作ってくれた弁当にある。
肉や魚以外に、
旬の野菜やミニトマト、ピーマン、ナス、きゅうりなどを取り入れ、
弁当はまるで野菜畑のように彩られ、大変食欲をそそるものであった。

それまで食欲のなかった私は、どんどん食欲がわいてきた。
そのおかげで、
ホノルルマラソンやニューヨークシティマラソンに出場し完走もできた。

兄の魅力は、明るい「笑顔」だ。
若い頃の写真を見ても、いつも笑顔の兄がいる。
入院中もその笑顔で、元気をもらった。

3年前にお父さんが亡くなった時も、
兄は母に
「おとうさんは、天国に行って好きな釣りをしているよ」と
優しく笑顔で言ってくれた。
母は、嬉しそうに「そうだね」と答えた。

兄の笑顔は、私を元気にするだけでなく、
家族みんなを明るくしてくれる不思議な力を持っている。


眼鏡もコンタクトもいらないレーシックガイド モバイルはこちら