【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない


【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない
最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合、近視の進行は20代後半で止まると言われていますので、20代後半にレーシックを受けた人はまず視力が戻ること無いと言えます。
レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
またはレーシックを受ける時以上に視力が低下してしまうこともあるので注意が必要です。

今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
レーシックを考えてる方は、なるべく20代後半に受けるようにしましょう。




【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ないブログ:20年11月11日

「寝る子は育つ」という言葉がありますが、
よく寝る娘というのは、よく遊んでいる娘の事だと、
おいらは勝手に思っています。

おいらにもまだ幼いやんちゃな子供がいますが、
休日に何かイベントがあって外出したりすると、
21時はよく眠りますが、
悪天候が降り続いて、あまり外に出かけられないと
寝つきは本当に悪いです。

1歳や2歳の子供でもそうなのですから、
小学生レベルになると眠れない子供もいるのではないでしょうか?

健康を考えるなら、
よく遊び、社会の色々な刺激を受けて、
21時は疲れて寝る生活のほうが健康的だと思うんですが…

もう一つ、健康的に育つために
重要な役割を果たしてくれるのが食事ですよね。

近年、この食事で肥満になる娘が増えています。
確かに一昔前と違って、
終日開いているレストランやコンビニのおかげで、
腹が空きすぎて動けないなんて事はなくなりました。

24時間3食の時代から、
24時間に何食も、それも間食つきで…
という時代になってしまった事も事実です。

おいらが住んでいるマンションの住人に、小学生の兄弟がいるのですが、
毎日21時おそく、向かいにあるコンビニに行って
おやつを買っています。

子供に頼まれているのかと聞いてみたところ、
自分で食べるとの事でした。
やはりその娘は肥満体型をしています。

娘の肥満には食生活が大きく関係しています。
乱れた食生活では肥満になって当たり前です。

また、自分で食事を選ぶことの少ない娘の肥満を改善するには、
子供の力が大きく関係しています。

可愛さと甘さは紙一重で、
肥満を気にするまで食べさせてしまうのは、子供の甘さです。
良かれと思ってやった事も、
結局つらい思いをするのは、子供ではなく娘なのです。

【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない

★メニュー

【レーシック知識】レーシックの前には適性検査
【レーシック知識】交通費を補助してくれるクリニック
【レーシック知識】最新老眼治療のモノビジョンレーシック
【レーシック知識】レーシックでのリスクを理解しておこう
【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能
【レーシック知識】口コミサイトを活用してクリニック選び
【レーシック知識】保証制度の有無を確認しよう
【レーシック知識】紹介制度を採用しているレーシッククリニック
【レーシック知識】矯正された視力の維持は保証出来ない
【レーシック知識】ドライアイとレーシックの関連性


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)眼鏡もコンタクトもいらないレーシックガイド