【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能

視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 数年前のレーシック手術におきましては乱視治療を行うのは難しいこととされていました。
乱視は近視と比較をして視力の矯正が複雑になってしまうので不可能に近いものだったのですが、それが今日大きく変わってきたのです。
近視の治療としまして非常に大きな効果を実現することの出来るのがレーシック手術となります。
しかし治療の対象は近視だけに限ったことではなく、乱視の治療もすることが出来るのです。

 

レーシックの技術が次第に進歩してきたことによって、乱視の矯正も出来るようになりました。
乱視も近視と同様に、角膜の屈折率を矯正することによって元々の視力を取り戻すことが出来るのです。



【レーシック知識】レーシックで乱視の治療も可能ブログ:20年08月01日

シェイプアップに成功している人の話を聞くと、ほぼ全員の人が
「自分で決めた方法を連日淡々とやった」
と言っています。

この「方法」の部分は、千差万別でバラバラです。
ひたすらwiiスポーツをやった人もいれば、
ウォーキングをやった人もいるし、
茶碗を小さくしてごはんの量を半分にした人もいれば、
食事前に必ずダイエットシェイク バナナ味を飲んで痩せた人もいます。

人それぞれ、シェイプアップ方法は異なるわけですね。
でも、共通しているのは
「選択した方法に疑いをもたず、連日淡々とやる」
ということです。

ただし、誤解してはいけないのは
「方法に固執はしない」「自分を責めない」
ということです。

1ヶ月・2ヶ月と続けてみて
体重が減らなかったり、
続けるのがストレスになってしまったり、
身体に合わないと思ったら、そこでやめて他の方法に切り替えます。

ただ、それは単に「自分に合わなかった」というだけですから
それで「自分は忍耐力が無い」とか自分を責めて、
シェイプアップそのものをやめる必要は無いのです。
別の方法を探せばいいだけです。

また、方法を一度決めると
「シェイプアップのことは忘れて他のことに気を向ける」
という人の方が、むしろ成功しているように見えます。

ずーっとシェイプアップの事ばかり考えていると、
どうしても短期的な成果を求めがち…

短期的には体重なんて増減を繰り返しますから、
それに一喜一憂していては気持ちが持ちません。

だから一度方法を決めたら、
しばらくの間はそれをひたすら淡々とやるだけで、
あとはシェイプアップのことなんて忘れてしまう位の人の方が
シェイプアップに成功しているようです。